妊娠中役立つサプリメント

妊娠中はお腹の赤ちゃんにもえいようを補給する必要がありますが、妊娠前より多くの量を食べるのは肥満の原因になってしまいます。バランスの良い食事、特に緑黄野菜の摂取に心がけましょう。栄養素として不足していると感じたときは、サプリメントで補充するのもいいですね。

スポンサードリンク

体重と体脂肪率の両方を確実に落とす

体重と体脂肪率の両方を確実に落とす

体重だけ落ちたのは、痩せたのではなくて「やつれた」

と言うことです。

その証拠には、ぶよぶよのお腹が残っているはず。

体脂肪率が落ちれば、ぶよぶよもなくなります。

続きを読む
タグ:ダイエット

ダイエットの仕切りなおし

ダイエットの仕切りなおし

今までダイエットにチャレンジしてきたけど、

満足のいく結果が得られなかった、と言うあなたへ。

ダイエットの種類は、両手で数えられないほどありますが、

成功できなかったのは、ダイエット法が間違っていたからです。

正しいダイエットはどういうものか、

続きを読む
タグ:ダイエット

葉酸は妊娠中の貧血予防

葉酸サプリメントの効果は妊娠中の貧血予防や、

血液の流れがよくなるということ以外にも、

喫煙者にも必要なサプリメントですし、

女性にとって一番気になる美容にも葉酸サプリメントは

とても効果があるといわれています。

シミや色素沈着を防ぐ働きもありますから、

妊娠中の女性以外にも女性が摂取するというのは

とてもいいサプリメントです。

私も妊娠中は葉酸がいいと聞いていたのですが、

なかなか食事では思ったように摂取できないと思ったので、

サプリメントを購入して毎日飲むようにしていました。

葉酸サプリメントは、だいたい1日に3-4回くらいにわけて飲むのが、

いいとされていて6時間くらいに一回のペースで

摂取するとより効果的に葉酸サプリメントの効果を

実感できるようになるのではないでしょうか。

葉酸はどんな働きをしている?

葉酸サプリメントを摂取すれば貧血のほかにも血液の中の

コレステラオールも酸化されますから、

血管の中に血栓ができるのを防いでくれます。

脳梗塞や心筋梗塞などの血管系の病気を防ぐ働きもあります。

葉酸はなかなか普段の食生活の中で摂取するというのは難しい

ビタミンといわれていますから、

葉酸サプリメントを飲むことで足りない不足しがちな葉酸を

手軽に摂取することが可能です。

最近メタボリックシンドロームが注目されていますが、

葉酸には、メタボなどで血液の中に脂肪が多いといわれている人の

動脈硬化も防ぐといわれていますから、

ビタミンCを2000ミリグラム以上毎日摂取する必要がある人は

葉酸サプリメントを飲むと良いでしょう。

葉酸サプリメントとは?

葉酸サプリメントは今とても健康にいいということで

注目されていますがご存知でしょうか?

特に妊娠中の女性が葉酸サプリメントを摂取するのがいい

といわれています。

葉酸サプリメントは何がいいのでしょうか。

そもそも葉酸サプリメントの中に含まれている葉酸というのは、

貧血を予防してくれますし、

妊娠中にはとても大切なビタミンの一つとされています。

厚生労働省の発表でも妊娠中の女性は葉酸をたくさん摂取することが

望ましいと言っています。

妊娠中の女性は葉酸サプリメントを摂取して、

普通の人よりも特に多めに葉酸を摂取することがいいようです。

葉酸サプリメントを飲めば鉄欠乏症貧血の解消にもつながりますし、

悪性貧血の解消にもつながるといわれています。

妊娠中は特に貧血になりやすいといわれていますから、

妊娠中の貧血を少しでも解消するためにも、

葉酸サプリメントを摂取するように心掛けましょう。

ローズヒップでビタミンC

ローズヒップはさわやかな香りでリラックスできます。

ハーブティでなら栄養補給効果の他にアロマ効果もあります。

カルシウムサプリメントも妊娠中には役立ちます。

カルシウムは、成人の体内には体重の約2%ほどが存在しています。

それらは主に歯や骨の主要な部分となっています。

骨や歯として使っている量を除いたわずかなカルシウムで

体内のカルシウム量を調節しており、

カルシウム不足は骨を弱くします。

幼い頃にカルシウムが足りないと骨が弱くなります。

骨粗しょう症は年配者だけの症状ではありません。

特に妊娠中は注意して、胎児のためにもカルシウム補給を

怠らないようにしましょう。

妊娠中にはビタミンCやカルシウムを

ビタミンCやカルシウムは妊娠中に母体に欠かせない栄養素ですので、

サプリメントなどでの摂取を検討してみてください。

まずはビタミンCサプリメントです。

対象は母体で、ビタミンCが不足すると

体に害を与える活性酸素が増えてしまいます。

妊娠中でも、中期以降に入ると早産リスクが上がりますので、

ビタミンCの重要性が増します。

抗酸化作用の強いビタミンCは、

ストレスによる悪影響から体を保護してくれます。

しかしビタミンCは水に溶けやすい水溶性で

熱に弱い性質も持っている為、

なかなか上手く摂る事が難しいのです。

そこで天然のビタミンCであるローズヒップのサプリメントなら

ビタミンCの効率的な摂取に役立ちます。

栄養素が不足したときの悪影響は?

妊娠中のお母さんがビタミンB1不足になると、

子どもはウェルニッケ脳症という脳症や、

糖代謝障害が原因の痩せすぎ体質になる危険があるそうです。

嘔吐が激しくて食事があまり出来ない時は、

積極的にビタミンB1を摂取しましょう。

貧血や妊娠中毒症、胎盤早期剥離といった症状は、

妊娠中のビタミンB12不足で起きることもあります。

ビタミンB12サプリメントで、貧血気味の状態改善を期待できます。

血液の主成分である赤血球は様々な栄養素が

活躍する事でつくられています。

その中でもビタミンB12は、特に血液中で赤血球を作るために

必要な栄養素なのです。

また、ビタミンB12は神経系の作用やタンパク質合成に果たす役割も

重要です。

妊娠中の栄養補給をサプリメントで助けながら、

バランスのいい食生活を維持していきましょう。

栄養素が不足しがちな妊娠中のサプリメント

妊娠中の栄養補給に用いるサプリメントには、

どういったものが適しているでしょう。

妊娠中の方には、ビタミンA、B1、B12のサプリメントがおすすめです。

ビタミンAが妊娠中に不足すると胎児の眼や泌尿器系の

奇形が発生する可能性があるようです。

ビタミンAサプリメントを選ぶ場合には、

原料にも着目してください。

植物由来のβカロチンからならいいのですが、

動物由来のレチノールからのサプリメントは、

逆に悪影響が出ることもあります。

この他、ビタミンB1も食事やサプリメントで取り入れたいものです。

バランスのとれた食事をしていれば問題はないのですが、

好き嫌いがひどかったりする人には、

必要な栄養素が不足することもあります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。